大阪 大阪市 カウンセリング うつ病
こころの相談室 大阪 大阪市
*こころの相談室 大阪*
イベント・休日のお知らせ
完全予約制
06-6362-6601
090-6057-1951
こころの病気
こころの病気下罫線
あらゆる問題に対応できますのでお気軽にご利用ください。
連絡先
*こころの相談室 大阪*
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館 404号室

電話番号 06-6354-8528
電話番号 090-6057-1951
ホームページアドレス http://kokoro41.jp
連絡先下罫線


掲載されました

こころの病気について
対人恐怖症
対人恐怖症とは、他人がいる場面において異常なほどに強い不安と緊張感が生じ、そのために他人に嫌われるのではないかと思ってしまい、対人関係からできるだけ身を引こうとすることを指して言います。
対人恐怖症
サブポイントボタン症状
対人恐怖症は人前に出たときに感じる不安や緊張が主な症状ですが、それは身体症状として現れることが多く、その現れ方によって分類できます。例えば、顔が赤くなってしまう赤面恐怖、表情がこわばる表情恐怖、手や体が震えてしまう振戦(しんせん)恐怖などがあります。もちろん、これらの身体症状は一つだけしか出ないというわけではなく、複数の症状が現れることもあります。
 このような人前に出たときの不安や緊張は誰もが感じるものです。大勢の人の前で慣れていないスピーチをするときや、会議で皆の視線を集めながら発言をするのは緊張するものです。しかし、それが「異常なほど」に強かったり、日常的場面で頻繁に起こるなどのために、日常生活に支障が出たり、本人が悩んだりする場合にはこころの病気として、対処が必要になってきます。
サブポイントボタン治療
ゆっくりと焦らずに、少しずつ克服していくことが大切です。また、完全な治療を目指すのではなく、日常生活に支障が出ない程度に症状を軽減させることを目標とするといいでしょう。

お問合せ・ご予約は【090-6057-1951】 当カウンセリング室についてメールカウンセリングこころの病気についてお問合せリンク