大阪 大阪市 カウンセリング うつ病
こころの相談室 大阪 大阪市
*こころの相談室 大阪*
イベント・休日のお知らせ
完全予約制
06-6362-6601
090-6057-1951
こころの病気
こころの病気下罫線
あらゆる問題に対応できますのでお気軽にご利用ください。
連絡先
*こころの相談室 大阪*
大阪市北区天神橋3-2-13
大阪謄写館 404号室

電話番号 06-6354-8528
電話番号 090-6057-1951
ホームページアドレス http://kokoro41.jp
連絡先下罫線


掲載されました

こころの病気について
パニック障害
パニック障害(panic disorder)は、急に心臓がドキドキして呼吸ができなくなったり、死ぬほどの不安に襲われて正常な生活ができなくなる恐ろしい病気です。大げさなと思われるかもしれませんが、少なくとも当事者にとっては死ぬほど恐ろしいことなんです。 パニック障害
サブポイントボタン症状
パニック障害には大きく分けて「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の症状があります。突然の不安に襲われるパニック発作だけが有名になってしまっていますが、この3つが絡み合った状態が本当の「パニック障害」と呼ばれる病気なのです。
  • パニック発作
    いきなり心臓の鼓動がドクドク早まる、呼吸が苦しくなる、全身に汗をかく、吐き気やめまいに襲われる、「頭が変になる・死んでしまうのではないか?」という恐怖などが、パニック発作の典型的な症状です。
    たいてい20〜30分、じっとしていればパニック発作は治まってくれます。ただ、この恐怖感は経験した人にしか判らないほど強烈なものです。これが次の「予期不安」の症状につながっていきます。
  • 予期不安
    突然のパニック発作を体験した人が、「またあの発作が起きるのでは…」と不安にかられる症状のことです。最初のパニック発作だけなら何かの不調、気のせいと思えるのですが、二度三度と同じようなパニックに襲われるにつれ、どんどん「次の発作」に対する恐怖が強まってくるのです。
  • 広場恐怖
    以前にパニックが起きた場所に近づきたくなくなったり、発作が起きた時にすぐ逃げ出せない場所を避けて生活してしまうことです。
急に息が苦しくなる、死にそうな恐怖に襲われる、心臓の動悸が激しくなるという症状が出たからといって、それが絶対に「パニック障害」の発作だとは言い切れないのです。
パニック発作が何度も繰り返し、日常生活に障害が出る場合にパニック障害といいます。

お問合せ・ご予約は【090-6057-1951】 当カウンセリング室についてメールカウンセリングこころの病気についてお問合せリンク